今日も山へ行こう

jROの支払方法を変更したお話

jRO会員証

こんにちは。まつたろうです。

今日は山のお話ではなく、保険(正確には違いますが)のお話…。

日本山岳救助機構(jRO)の支払方法を変更したので、変更方法を備忘録として残しておきます。

日本山岳救助機構(jRO)を使っている理由

突然ですが、皆さんは山岳保険や山岳遭難対策制度を利用していますか?

私は2015年5月から「日本山岳救助機構(jRO)」を利用しています。

最初は私だけ会員登録していましたが、昨年(2017年)からは夫も家族会員になりました。

jRO会員証
山用のお財布に入れています

jROを利用しているのは、幅広い山行スタイルに対応しているから。

  • 山菜採りやキノコ狩り
  • ハイキング
  • 縦走
  • アイゼンやピッケルを使う雪山登山
  • 山スキー&スノーボード
  • アルパインクライミングやアイスクライミング
  • マウンテンバイク
  • キャニオニング

などなど…対象外なのは海外の登山くらいで、年齢や季節を問わず利用できるので安心なのです。

年間を通して山に行く人はもちろん、クライミングをする人、沢屋さんなどにもオススメなjROさん。たまにしか山に行かない人は割高に感じるかもしれませんが(^^;

※会費や制度の内容などについては、また改めて書こうと考え中。。。保険や共済とは違うそうですが、よく分かっていません←

jROの会費を支払うクレジットカードを変更

今回私がやったのは、支払いに利用していたクレジットカードを変更するというもの。

ホームページをざっと見ても、その方法が見つからない(見つけ方が悪いだけかもしれません)…が、紙の会員証の裏を見たら書いてありました。

大まかな流れとしては「カスタマーサポートセンターへ電話」「メール送信されるURLにて変更手続き」の2ステップで完了です。

登録カードの変更方法

1.ゼウスカスタマーサポートセンターへ電話(24時間365日受付)

jROでは顧客のクレジットカード情報を持っていないため、まずは収納代行会社である(株)ゼウスのカスタマーサポートセンターへ電話。電話番号は会員証の裏面に記載してあります。

番号はここに書いていいものか判断つかないので、今回は記載していません…

 

2.「日本山岳救助機構の支払い方法変更」の旨を伝える

電話をかけるとコールセンターの方が出るので、jROの支払い方法を変更したい旨を伝えます。

本人確認が済むと、口頭で会員申込み時に登録したメールアドレスを確認されます。もし変更あればこの時に新しいメールアドレスを伝えてください(^^)

 

3.メールをチェックして手続きする

メアドのチェックが終われば、電話でのやり取りは完了。変更手続きURLを記載したメールが届くので、そこから変更するカード情報を入力すればOKです。

手続きURLを書いたメールは、電話を切って5分もたたないうちに届きました。

無事に手続きが終われば「カード情報変更処理完了のご報告」という件名でメールが届くので、それで全て終わりです。

収納代行会社に電話連絡する必要はありますが、手続き自体は簡単でした。

 

ちなみに、銀行口座振替の場合はjRO事務センターへ所定の用紙を請求すればOKとのこと。HPからは書式ダウンロードできないので、この場合も一度連絡が必要みたいです。

 

それにしても、「山岳保険」って登山なら何でもOKかと思いきや、実は対象外となるアクティビティもあったりするんですよね…。

このあたり疎いので、もう少し詳しく見てみる必要があるなと思っている所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です