マウンテンシティで登山用品を買い取ってもらった話

以前、不要になったサブザックを買い取ってもらったマウンテンシティさんに、再び登山用品を買い取ってもらいました。

今回もマウンテンシティさんを選んだのは、前回使ってみて良かったと感じたから。

結果的に今回も(個人的には)満足のいく買取でした。

登山用品高価買取ならマウンテンシティ

今回買い取ってもらったもの

今回の買取依頼は、装備の買い替え(主に軽量化)に伴い不要となったものが出たため。

私の分が3点、夫の分が2点の合計5点を買い取ってもらいました。

マムート レインウェア

2013年の夏くらいに購入した(と思う)レインウェア。

下の写真で着用しているもので、上下セット・収納袋付きです。

阿弥陀岳からの中岳・赤岳

阿弥陀岳から、中岳はさんで赤岳

まだまだ使える感じですが、上下合わせて約540g。

これくらいの重さのレインウェアはたくさんありますが、軽量化していく上では重いのです。。。

レインウェアについては、昨年ジャケットを買い替え済み(モンベルのトレントフライヤー)。

mont-bell トレントフライヤーの旧モデルを買った理由
レインジャケットを新調する際に選んだのが、モンベルのトレントフライヤー(旧モデル)。最新モデルではなく旧モデルを選んだ理由について書いています。

パンツは近いうちに買い替え予定で(モンベルのバーサライトパンツを予定)今の時期はレインパンツ自体使わないので、このタイミングで買い取ってもらう事にしたものです。

夏山をメインに結構使いましたが、使うたびに洗濯&アイロンがけして、それなりにメンテナンスはしていました。

買取金額は2,500円で、思っていたより良いお値段でした。

ちなみに、レインパンツも買い替えると、上下合わせて250gを切るくらいになります。軽い〜。

コロンビア レインジャケット

このジャケットはかなり古くて、2008年に入手したもの。

実はモニター製品としていただいたものでした。

2008年GWの屋久島ひとり旅(登山含む)から何度か使い、結婚後は夫が使っていました。

何年か前に夫がレインジャケットを買い替えたので、その後は出番なし。

使い古した感がかなりありましたが、収納袋付きでこちらは500円でした。

パイネ グローブ

2015年11月に美ヶ原へ行く際、寒さ対策として購入した防風タイプのグローブ。

その後はなかなか使う機会もなく、今後も使わないだろうという事で、買い取ってもらいました。

夫と私の分で2つ買い取ってもらいましたが、1つ100円となかなかお安い買取額でした。

モンベル ジップワレット

山用で使っていたモンベルの財布。

昨年10月にさらに小さくて軽いもの(トレールワレット)に買い替えたので、不要になり買い取ってもらいました。

こちらの買取額も100円でした。

買取額について

依頼した5点の買取額合計が3,300円。

そして宅配買取で段ボールを自分で用意したので+500円。

合計3,800円でした。

宅配買取ですが、集荷依頼できて着払いで送れるので、送料などはかかりません。

段ボールも自宅にあったものを使いました。

買取金額については査定額の連絡後に交渉することもできますが、私は「買い取ってもらえるだけありがたい」という感じなので、自動承認オプションを利用しています。

自動承認オプションについて

買取依頼した商品がお店に届くと、スタッフの方が査定を行います。

その結果がメールで届くのですが、査定結果の詳細に関する問い合わせや価格交渉、キャンセルもOK。

ただ、私のように「買い取ってもらえればOK」という場合は、査定結果を自動で承認することもできるようになっています。

自動承認オプションを利用する場合は、申し込み画面でチェックを入れればOK。

自動承認だと入金までの時間が短縮されますが、詳細問い合わせ、価格交渉、キャンセルは基本的にできません。

LINE等での事前査定を行い、実際の査定額が事前査定額を下回っている場合については、自動承認オプションを利用していても依頼者が確認した後に入金されます。

宅配買取申し込みから入金までにかかった時間

今回私が利用した宅配買取は、ウェブサイトから申し込み→集荷→査定(買取)額の連絡→入金という流れ。

2月6日(水) ウェブサイトから申し込み

2月13日(水) 集荷(時間指定可能)

2月15日(金) 査定額の連絡(メール)

2月18日(月) 入金

申し込みから入金までにかかった日数は12日でした。

なお、集荷依頼はサイトから申し込んだ日の7日後から可能。

今回は最短の7日後に集荷依頼した形です。

配送業者は佐川急便で、店舗到着は翌々日(長野→福岡)。

その日のうちに査定額の連絡がきて、翌営業日(月曜日)に入金という感じでした。

自動承認だったこともあって、やりとりもスピーディだったと思います。

LINEを使って事前査定もできる

マウンテンシティの公式アカウントを利用して、あらかじめ査定額を知ることもできます。

買い取ってもらいたい道具の写真と必要な情報を送信すればOK。

大まかな金額が分かります。

私も最初にサブザックを買い取ってもらった時は、この事前査定を利用しました。

使わなくなったサブザックを買取ってもらった話
登山用品・アウトドア用品買取専門のマウンテンシティで、使わなくなったモンベルのバーサライトパックを買取ってもらいました。買取りの流れや利用してみての感想です。

LINEの他にメールや電話での事前査定もあるようですが、私は使ったことがないのでどういった感じかは分かりません・・・。

宅配買取の申し込み方法

まずはマウンテンシティのウェブサイトにある「宅配査定を申し込む」をクリック。

すると、段ボールやエアキャップ等が必要かどうか選択する画面に変わります。

宅配買取申し込み画面

段ボールや緩衝材が必要かどうか選びます

必要であれば「送ってほしい」を、不要なら「自分で用意する」をクリックすると、情報入力画面に移動します。

宅配買取申し込み画面

宅配買取申し込み画面(画面は「自分で用意する」を選択した場合のもの)

必須項目は必ず入力し、任意の項目は必要であれば入力してください。

LINEなどで事前査定を受けた場合は、ご連絡事項の項目に次の項目を入力します。

  • 商品
  • 金額
  • 事前査定日
  • 事前査定の方法(LINE、電話、メール)
  • LINEの場合はLINE登録名
  • 電話の場合は対応した担当者名

振込先および本人確認書類については、申し込む段階で入力するか、あとで送るかのいずれかを選びます。

「いま入力する」を選ぶと、振込先情報の入力画面および本人確認書類のアップロード画面に変わるので、必要事項の入力&本人確認書類をアップロードしてください。

必要事項を全て入力し終えたら「無料査定を申込む」ボタンを押せば完了。

あとはお店からの連絡や集荷を待つだけです。

荷物の送り方

梱包の仕方については、申し込み後に送られてくるメールにも記載されています。

今回はウェア関係がメインだったので、シワにならないよう綺麗にたたみ、濡れたりしないようにビニール袋に入れて梱包しました。

依頼品は大きなビニール袋に入れて梱包

買取依頼品は全てビニール袋に入れて梱包

ビニール袋は家にあった大きなポリ袋です。

われものなどがある場合は、壊れないようにエアキャップ等が必要になります。

さいごに

最近はフリマアプリもあるので、こうしたところで使わなくなった登山用品を売るのも手だと思います。

私はフリマアプリを利用していないので、買取に出している感じです。

マウンテンシティ以外にもアウトドア用品の買取サイトはあるそうなので、自分に合うところを利用すると良いのではないかと(^^)

個人的には対応や買取額に満足しているので、今後も買取依頼するならマウンテンシティかなと思っています。



コメント